×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴

被曝するウラニウム鉱山近くの住民たち

チベットの核汚染


 チベット内のウラニウム鉱山は、ダムシュン、ラサ北部、ツァイダム盆地、ゴルムド北部、ヤムドク湖周辺、南アムドなど複数の地域に存在する。甘粛省甘南チベット族自治州のテオにあるウラニウム鉱床は、チベットで最大のものである。ウラニウムの処理施設は テオの南西4キロに位置する。
 テオのウラニウム鉱山では、有毒な廃液は、高さ40メートルの石造の建築物に集められ、住民が飲料水として利用する河川へ排出されるようである。インドに亡命したチベット難民は、この鉱山の採掘で次のような影響があったことを報告している。

テオに住む50人以上のチベット人が、1987年から1991年までに原因不明の病気により死亡している。 家畜が原因不明の病気により死亡している。
草や木が枯れた。
ジャンパコック川が汚染された。水の色が黒くなり悪臭を放つようになった。

 亡命政府に届いた情報の中に、謎の死を遂げたテオの住民24人の名簿が含まれている。目撃者によると、彼らはみな高熱を出し、そのあとで震えるような寒さを訴えて死んだそうである。また、死体は青く変色していたという。動物の死体もまた青色、あるいは黒色に変色し、臓器は焼けただれたように見えたとのことである(中国は化学兵器の実験も行っており、その影響の可能性もある)。

 1988年、BBC放送局のレポーター、ヴァニヤ・クーレーが書いた『チベット : 氷のカーテンの向こう (Tibet : Behind the Ice Curtain)』には、次のような証言が掲載されている。
「動物たちが奇妙な病気にかかり死んでいくのは、結局、ここで起きていることのせいだ。死んでいくのは動物だけではない。人間もそうだし、奇形児として生まれてくる子供もいる。あちこちで水が汚染され、飲めなくなってしまった。飲んでしまったら、誰も知らないような病気にかかってしまう。病気にかかった人はいろいろな病院に通っているが、症状は良くならないし、医者も病気が何なのか教えてくれない」

 ロンドンにある「TIN」(チベット・インフォメーション・ネットワーク)は、1992年9月11日付けのニュースで、四川省ンガパのウラニウム鉱山近くに住むチベット人のうち少なくとも35人に、高熱や通常見られないような下痢の症状が現れ、その数時間後には全員が死亡したことを報告している。

チベットの核汚染―はじめに

核兵器開発・製造施設“第9学会”

チベットの核廃棄物

被曝するチベットの動植物、そして人間

被曝するウラニウム鉱山近くの住民たち

核施設での強制労働で被曝するチベット人政治犯

汚染を知らされるのは中国人だけ

チベットの核兵器

地震による地球規模の核惨事

チベットの核汚染―まとめとリンク


  核爆発で他国に流れる川の流れを変え、中国の砂漠を緑地化する計画


このページの情報はチベットの核に記載された文章を短く加工し、
若干捕捉させていただいたものです。詳細はそちらを参照してください。



  四川大地震における各核施設の震度


2008.03.31



チベットを支援したい方はこちらをクリック!


TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴