×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴

核兵器開発・製造施設“第9学会”

チベットの核汚染


 チベットのアムド(青海省)に“第9学会”(北西核兵器研究設計学会、または211工場)という核兵器の開発、製造を行う核基地がある(北緯36.57度、東経101.55度、海抜3030メートル)。この基地は、1960年代初頭に作られた。ここで製造された最初の原子爆弾は、1964年、東トルキスタンのロプ・ノール核実験場で行われた中国初の核実験で使用され、その後も核兵器の製造が続けられた。1970年代後半には化学工業研究所を設立し、高濃度ウラニウム燃料の再処理実験を実施している。

ココノール湖近くにある第9学会
ココノール湖の東に位置する“第9学会”。Google Earthでも確認できる。

 第9学会が、廃棄物をどのように処理したのかきちんと管理、記録されていないので、廃棄した放射性廃棄物の量は不明である。だが、初期の段階では、放射性廃棄物は、浅く掘られたごみ処理場に投棄されていたと言われている。第9学会からココノール湖(青海湖)に線路が敷かれており、核廃棄物の専門家は、放射性廃棄物はこの湖にも投棄されていたであろうと指摘している。

 また、第9学会は湿地帯にあり、汚染水や放射性粒子は、地下水に浸透してココノール湖に流れ込んだ可能性もある。1974年には、核事故が発生し、この湖を汚染したという報告もある。

チベットの核汚染―はじめに

核兵器開発・製造施設“第9学会”

チベットの核廃棄物

被曝するチベットの動植物、そして人間

被曝するウラニウム鉱山近くの住民たち

核施設での強制労働で被曝するチベット人政治犯

汚染を知らされるのは中国人だけ

チベットの核兵器

地震による地球規模の核惨事

チベットの核汚染―まとめとリンク


  核爆発で他国に流れる川の流れを変え、中国の砂漠を緑地化する計画


このページの情報はチベットの核に記載された文章を短く加工し、
若干捕捉させていただいたものです。詳細はそちらを参照してください。



  四川大地震における各核施設の震度


2008.03.31



チベットを支援したい方はこちらをクリック!


TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴