×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴

チベットの核廃棄物

チベットの核汚染


 先の第9学会付近だけでなく、チベットの他の場所にも核廃棄物が投棄され、深刻な汚染が広がっていると言われている。また、1993年の時点で建設中、または建設予定の新しい放射性廃棄物投棄センターの多くがチベットにある。

 1991年、中国国事委員会は、新華社通信を通じ、チベットに核汚染が広がっているという主張は「全く根拠のない話」だと発表。新華社通信自体も、1995年、ココノール湖近くに「放射性汚染物質用のごみ捨て場」があることは認めているものの、「安全性はここ30年間完全に保たれ、環境へのいかなる悪影響もなく、基地で被曝による死亡者が出たことはない」と報告している。だが、核廃棄物をどのように管理してきたかについての具体的な言及はない。

 中国国営「中國核工業集團公司」の安全局局長は「中国の核廃棄物はコンクリート製の地下施設に貯蔵されているが、その安全性は、およそ十年間ほどしか確保されていない」と述べており、中国国家環境保護局は「1980年から1985年に1,200人が放射能で健康を害し、20人が死亡した。放射能漏れの責任は、放射性廃棄物処理の規則に従わなかった管理者にもある」と述べている。  コンクリート容器で地中に埋設された放射性廃棄物は、風化により外部へと浸出し、地下水を汚染する。この地下水が、飲料、そして灌漑に使用される。地下水は、中国の水源の中で大きな比重を占めている。

チベットの核汚染―はじめに

核兵器開発・製造施設“第9学会”

チベットの核廃棄物

被曝するチベットの動植物、そして人間

被曝するウラニウム鉱山近くの住民たち

核施設での強制労働で被曝するチベット人政治犯

汚染を知らされるのは中国人だけ

チベットの核兵器

地震による地球規模の核惨事

チベットの核汚染―まとめとリンク


  核爆発で他国に流れる川の流れを変え、中国の砂漠を緑地化する計画


このページの情報はチベットの核に記載された文章を短く加工し、
若干捕捉させていただいたものです。詳細はそちらを参照してください。



  四川大地震における各核施設の震度


2008.03.31



チベットを支援したい方はこちらをクリック!


TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴