×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴

チベットの女性と子供の人権

チベットを弾圧する中国への支援を止めさせよう!


以下の情報は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所サイト内の、人権問題 - Human Rightsから、主に女性と子供に対する人権侵害の部分を集めたものです。中国がチベットで行っている人権侵害の詳細については、そちらを参照してください。読みやすいように文章を減らしましたが、それでもかなり多いです。でも、どうか最後の私のコメントまで読んでください。


■ 女性の人権(強制不妊手術と人工流産)

チベットの女性たち
チベットの女性たち
 1984年、中国政府は、チベット人に対して子供を2人以下とする産児制限を課した。農村や遊牧地帯のチベット人は、この制限を免除されることになっていたが、実際は、第3子を産むと1,500元〜3,000元(400〜800ドル)の罰金が課せられた。しかも第3子以降には配給票が与えられず、規則違反者には最高で賃金の50%がカットされた。3ヶ月〜6ヶ月の賃金支払い停止処分も行われた。

 1987年、チベット自治区の104,024人の出産適齢女性のうち、76,220人が既婚者である。このうち、22,634人がすでに不妊手術を受けていた。これは既婚の出産適齢女性の30%に当たる。1986年、ニンティ地区、ロカ地区、シガツェ地区で、女性の19%が不妊手術を受けている。

 カムとアムドでは、さらに抑圧的な政策が取られている。
 たとえば、甘粛省パリ・チベット族自治県では、1983年、2,415人の女性が不妊手術を受けたが、その82%がチベット人だ(パリにおけるチベット人の比率は29.9%にすぎない)。また1987年には、四川省カンゼ・チベット族自治州のザチュ県で、764人の出産適齢女性が不妊手術を受けたが、そのうちの660人がチベット人だった。産児制限チームが農村・遊牧地域を歩き回っては、女性たちを集めて中絶や不妊手術を施している。すでに腹部の大きくなっている女性にさえ中絶が強制され、不妊手術が行われた。

 1996年末、ラサ市のある地域で、22日間で、既に3人出産した308人のチベット人女性に不妊手術が行われた。チベット自治区のジャムドゥン町では、16歳以上の全てのチベット人女性に、長期間、避妊用具が導入された。そのうち3人が強制手術の結果、死産した。

 チベット人女性に対する強制手術や人工流産は、チベット内に大量の中国人が移住していることと関連して、チベット民族の存続に深刻な危機を及ぼしている。多くのチベット人女性の子宮内に機器が埋め込まれているが、何の装置なのかということはもちろん、埋め込まれていることすら教えられていない。この装置の金属が腐蝕したり、肉が装置に癒着した例が報告されている。

 中国政府は、出生計画を実行する際、「本人の意志を尊重する」原則は堅持しており、強制中絶の類はすべて禁止している、と主張している。


■子供の人権

チベットの子供たち
チベットの子供たち
 チベット人の子供の約1/3は、全く教育を受けていない。チベットの都会の新しい学校は、中国人移民の子供用である。入学試験は中国語であり、法外な学費が要求されるため、通常チベット人は入学できない。寺院での教育にも中国の目が光っており、僧侶と尼僧学生の数は厳しく制限され、さらに寺の学校へ子供を入学させるときに高い賄賂を要求される。

 学校教育ではチベット語が排除されている。1997年4月、チベット自治区は、小学校教育での主要語はチベット語に代わって中国語とする、と発表した。

 亡命したチベットの子供たちの証言によれば、彼らは、チベットの衣装を着ること、チベットの食べ物を食べること、チベットの祭日を祝うこと、さらにダライ・ラマの写真を持つことなどが禁じられていたという。中国経営の学校では、小学生(6歳〜12歳)にさえ残酷な処罰が行われている。工業地域の清掃作業、教師の衣類の洗濯、排水の掃除、ゴム製こん棒、鞭、ベルト、電線、椅子、竹の棒等による連打が行われている。


■女性と子供の囚人

 強制収容所等から生還した人たちの証言をまとめると、チベット全体で収容者のおよそ7割が死亡している。北チベットのジャン・ツァラカでは、10,000人以上の囚人が収容され、ホウ砂の採掘と運搬に従事させられていた。生還者によると、毎日10〜30人が飢えや殴打、過労で死亡し、1年間で8,000人以上が死亡した。ラサのアチェン水力発電所の建築現場でも、毎日3、4人の収容者が死亡し、死体が近くの川に投げ捨てられたり、焼かれたりした。東チベットのダルツェド地区の鉛鉱では、1960年〜1962年の間に、12,019人の収容者が死亡した。

政治犯
チベットの子供たち
チベットの子供たち
 1997年末の時点で、監禁されているチベット人の政治犯や良心の囚人の数は、1,216名とされている。囚人となったのは、意見と表現の自由、宗教の自由、集会の自由を平和的に行使した、というだけの理由である。このうち39名は18歳以下の少年少女の政治犯で、295名が女性である。1997年末の時点で8歳になるパンチェン・ラマとその両親も含まれる。少年少女であっても、成人の囚人たちと一緒に厳しい強制労働に耐えねばならず、拷問、虐待も同じように受ける。
 尼僧を標的にして恣意的な逮捕も続けられている。彼女たちは拷問や酷使の対象となっている。

拷問
 拷問は通常、尋問とともに行われる。被害者の回想によれば、拷問は次のような方法で行われている。

鉄の棒や銃床で打つ
むち打ち
四肢、特に足首の関節をハンマーなどで叩く
曲がった釘のついたバットで叩き、肉を引き裂く
皮膚を針でつきさす
爪の下に竹串を挿入する
電気棒でショックを与える
食事や薬を与えない
氷点下の独房で裸にして冷水を浴びせる
炎天下、防寒着を着せて長時間立たせる
熱い煙突にくくりつける
トゲのある手錠をかけ、天井から吊るして火あぶり
血液を強制的に抜き取る
猛犬に攻撃させ、肉を引きちぎらせる
大量の水を飲ませ、失禁させ、辱める
ゴム管で囚人の口に放尿する
仏画で排泄物を運ばせる
拷問のビデオを見せる
(最も一般的に見せられているのは、僧が手と足を釘で打たれて磔にされ、2度銃で打たれ、吊るされて、生きながら火で焼かれる映像)
中国が囚人に使用している拷問道具
中国で囚人に対して使用されている各種拷問道具


 1980年代前半に、中国は電気警棒を使った拷問を導入した。囚人たちの体や顔を殴るのに使われたり、女性囚への性的暴行に使われた。膣や肛門に「電気棒」を挿入されたとの報告が多数ある。受け入れられない返答をすると、罰として囚人の口に電気棒が入れられ、深刻な舌肥大を引き起こした。歯を失った囚人もいる。手首や親指など身体の一部に電線をまかれて直に感電させられたり、水をかけてショックを増大させることもある。電気ショックの後遺症は非常に深刻で、体内の傷害や精神傷害につながることが多い。

チベットの尼僧
チベットの尼僧
 性的暴行はもっとも野蛮な拷問のうちのひとつである。これは主に、独立運動を支持した尼僧の信仰と精神を崩壊させるために行われる。棒や電気警棒が膣や肛門に挿入され、多大な苦痛を与えるとともに、腎臓の傷害や精神的トラウマといった不治の傷害を残す。
 看守によるレイプの報告は多くないが、尼僧たちはレイプをひどく恥じるため、報告件数よりもずっと多い可能性がある。

 強制的な血液の抽出は、精神的にも肉体的にもダメージを与える拷問である。特に恒常的な栄養不良や暴行に加え、チベットのような高地で血を抜かれることは死を招くことになる。
 60年代の大飢饉の時、中国当局は血液と食料を交換していたが、自発的に売血するチベット人はいなかったので、62年の中印国境紛争の際、血液を強制的に寄付させる運動に発展した。 通常の1.5倍もの血液が、15歳〜35歳のチベット人から抽出された。この運動で飢餓に苦しむ多くのチベット人が死んだ。
 血液抽出は「健康チェック」という名のもとに行われることもあるが、「診断結果」を知らされることはない。

 拷問には、体内に傷害を与え、拷問の痕跡をわかりにくくする、という巧妙な手口がある。腎臓付近に集中的に暴行を加えるのだ。そのため、腎臓の傷害が死因となるケースが多い。拷問で障害を受けた後も、囚人たちは十分な治療を受けられず、受けられた場合も遅すぎることが多い。生き延びた者も、多くの場合拷問の傷が消えることはない。

 拷問は、特に若者にとっては、はかりしれない精神的影響がある。たとえ1ヶ月の間でも、始終拷問を体験した子供たちは、理性を働かせる能力を失うことが多い。


■中国が行っているチベット人女性に対する拷問の実例

・監獄内でお経を唱えているのが見つかった尼僧は、電気棒を口に入れられ、さらに五体投地(礼拝)を行ったことで、水と氷の中で五体投地をするように強制された。

・妊娠3ヶ月の女性は、逮捕された夜、14時間寒い部屋で立たされっぱなしだった。彼女は、尋問者に妊娠中であると訴えたが、無視されて尋問が続けられた。翌日、彼女は監獄の便所で流産した。

・尼僧リンジンは1989年3月8日のデモに参加し逮捕されたが、1週間も経たないうちに釈放された。ところが、彼女が尼僧院に戻ってきた時は危篤状態だった。腎臓は拷問で損傷を受けていた。1990年、25歳の若さで死亡した。

・尼僧クンチョク・ツォモは1993年5月のデモで逮捕され、銃の床尾で暴行を受け腕を骨折したが、治療もされずに3年間刑務所で過ごした。刑務所では、羊毛を分別し洗うノルマを課せられ、そのせいで腕の状態はさらに悪化した。 釈放後の診察では、骨折部分に肉がくいこんだ状態で固着してしまっていた。

業田良家 慈悲と修羅
業田良家著・チベット漫画「慈悲と修羅」の1シーン。このマンガは実話に基づいていた。マンガで知るチベット問題参照。
・独立デモに参加して、1991年に刑務所に収監された尼僧ジンパ・ラモの証言。
「私は刑務所近くの病院に連れて行かれ、2瓶分の血液を抽出された。公安当局は私に立つよう命令したが、とても気分が悪く立てなかった。そのため公安当局は私を棒で殴打し始めた。彼らはまたゴムの管を私の口に押し込め、それに放尿した。彼らは私を何度も殴り、私はついに怒ってこう叫んだ。『殺したいんなら、早く殺せ!』。彼らは私を殺さず、その代わりに汚物まじりの塵のたくさんある独房に私を連れ戻したのだった」


・ラサの尼僧ピュンツォク・ヤルギは92年2月に逮捕された。1994年、彼女は中国人の医者に2度にわたって背中に注射を打たれ、体液を抽出された。 ピュンツォクは昏睡状態になり、爪、舌、唇は青みを帯びた黒色に変色した。 6日後、20歳の若さで亡くなった。 報告によれば、酷い暴行のため、遺体は全身にわたって黒色、青色に変色していた。 右足は真っ黒に、そして眼と口は血で染まっていた。

・政治囚、尼僧シェーラブ・ガワンは15歳で亡くなった。釈放された2ヶ月後である。獄中で自由を求める歌を他の尼僧たちと歌ったため、電気棒、砂を詰めたプラスティックの管で殴られたという。「看守たちにひどく暴行され、誰だかわからないくらい体中が打撲傷だらけになっていた」。独房に3日間監禁された後、シェーラップは背中に鋭い痛みを感じるようになった。記憶喪失にもなり、普通に食べることさえ困難になっていた。 囚人仲間が懇願し、ようやく病院に運ばれた。
「釈放された時、拷問といい加減な治療で重体になっていた彼女は、ラサの他の病院に運ばれた」。診断した医者たちによると、彼女は腎臓の機能不全及び肺に損傷を受けていた。

刑務所での拷問と尼僧(シェーラブ・ガワン)の死



・25歳の尼僧、ツルティム・サンポは、ダプチ刑務所での抗議運動に参加したために、殴打され亡くなった(判明しているだけで、10名死亡)。

ダプチ刑務所元政治囚の証言



ガワン・サンドル
ガワン・サンドル19歳。刑務所で撮影。
・10歳足らずの尼僧ガワン・サンドルは1987年と1988年のラサでの大規模なチベット独立デモに参加した。彼女はグッツァ拘置所に収監され、拷問を受けた。15歳のとき(1992年)、中国政府に対する抗議行動を企てた罪で再逮捕。ダプチ刑務所で服役中、同じ「良心の囚人」の尼僧らと愛する家族や故郷への想いを歌った。その報復として拷問を受けても、彼女は抗議運動を続けた。1998年ラサの中等人民裁判所は2013年までの懲役を言い渡した。拷問後の不完全な治療や刑務所の劣悪な環境などで、彼女の健康状態は極めて悪化していた。
 2001年イタリア・フィレンツェの市議会は、残虐行為に対するガワン・サンドルの一貫した非暴力の姿勢に、満場一致で「フィレンツェ市民栄誉賞」の授与を決定、フランスでも彼女の伝記「囚われのチベットの少女」が出版され話題を呼ぶなど、国際社会にガワン・サンドルを釈放させようとする機運が生まれた。EUや米国の政府レベルの中国政府に対する働きかけにより、2002年10月ガワン・サンドルはついに仮釈放された。

関連書籍 囚われのチベットの少女
 9才でデモに参加し逮捕、1990年、11才で「自由チベット万歳」と叫んだだけで再逮捕され、投獄され続けた尼僧ガワン・サンドルの半生。 かなり詳しい書評  ガワン・サンドルとラサの熱い日 ガワン・サンドルのプロフィールと主なニュース



【サイト管理人のコメント 2008.04.12】
 最後のガワン・サンドルの話で、イタリアのフィレンツェ市議会が、彼女に「フィレンツェ市民栄誉賞」を与えたことや、EUや米国が中国に働きかけて彼女を釈放させたことは、国際的に非常にニュース性の高い情報である。
 しかし、日本のマスコミは、それをほとんど報じていなかったし、日本の政府もこの問題に関心を示して積極的に関わろうとしなかった。
 ガワン・サンドルのケースは、外国からの圧力が、中国の人権弾圧にある程度効果があることを示している。

中国共産党提供 報道ステーション
もちろんチベットがどういう状況なのか我々はみんな知ってますよ。でも、中国を批判するようなことを言うと北京五輪を放送させないっていうから仕方ないんですよ。
中国を批判しない轡田
「法王の仰るとおり、暴力で聖火を妨害するようなことは絶対いけません!」と言いつつ中国の巨大な暴力には触れない轡田氏。法王の発言はチベット人に対するもので、外国人の妨害についてではない。
 現在の日本のマスコミの姿勢は、産経新聞を除けば、このときと同様である。政府の姿勢も同様だ。今回のチベット人の抗議運動で大量の逮捕者が出ているが、彼らがこれからどのような目に遭うのかは明らかである。だが、外国が強く中国に圧力をかければ、彼らの人権を少しは守れる可能性がある。北京五輪の聖火リレーがここまで妨害を受けるのは、心ある世界中の人たちが、自分たちにできることを今しなければならないと考え、チベットの現状を世界に知らしめ、中国への圧力を高める気運を盛り上げようとしているからである。

 だが、日本の政府、マスコミは、中国で行われている人権蹂躙をよく知っているにもかかわらず、知らないふりをし、国民にそれをできるだけ知らせないようにしている。逆に、確実に中国に対する強い圧力になっている聖火リレー妨害行動を、暴力と捉え、それを批判しさえしている。
チベットの女性と子供の人権を無視する福島瑞穂
社民党党首福島瑞穂。彼女のサイトには「6つの約束・福祉 環境 女性 平和 雇用 人権」とあり、チベット問題は福島の関心と完全に一致している。しかし、グーグルで検索すると彼女のサイトは全部で911ページあるが、その中で“チベット”という言葉は一語しかなく、チベット問題について何も語っていなかった。社民党のサイトも1700ページのうちチベットに関する記述は5、6行にすぎず、本質的な議論はまったくない(2008年4月12日の時点)。もちろん、福島がここで紹介したチベットの人権の状況を知らないということはあり得ない。以前の党首、土井たか子も、北朝鮮に誘拐された女性の親から相談を受けたが、救出に動くのではなく、北朝鮮に通報した。この党はその後も拉致被害者のために何も行っていない。

 恥ずかしながら、私はつい最近まで、フィレンツェの市議会が、ガワン・サンドルに「フィレンツェ市民栄誉賞」を授与したこと、EUや米国が中国に働きかけて彼女を救出したことはもちろん、ガワン・サンドルという女性も全然知らなかった。フィレンツェの市議会が授与した賞は、政治家の人気取りのためにできた我が国の国民栄誉賞とは比較にならないほどの価値があるではないか。なぜこれを大きなニュースとして報じないのか。普段は与野党とも平和外交、平和国家などと言ってるのに、なぜEUやアメリカと共同歩調をとらなかったのか。国連中心主義をうたう国会議員たちも、なぜ、国連の「拷問禁止条約」「女性に対する暴力の撤廃に関する宣言」「子どもの権利条約」に違反している中国に対して何も批判せず、中国詣に熱心なのか。

 刑務所の中で拷問を受けても、命乞いをせず、信念を曲げないチベット人たちと、安全地帯にいながら、命ぜられれば胡錦涛の靴さえ舐めかねない我が国の政治家、言論人。我々がどちらを尊敬し、どちらから学ばなければならないかは明らかだ。

 胡錦涛の訪日が迫っているが、彼は1989年のラサ蜂起を鎮圧し、それが評価されて国家主席にまで上り詰めた男である。もちろん、彼の弾圧により刑務所に収監された政治犯は、ここに書かれたような拷問を受け、女も子供も死んでいった。彼の弾圧で、拷問死も含め、少なくとも8万人が犠牲になっている。

天皇陛下と胡錦涛
このような光景は絶対見たくない!

 まもなく、我が国が国賓として迎えるその男と、天皇陛下がグラスを合わせた写真が、全世界に流れることになる。


参考
人権問題 - Human Rights 、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所サイト内ページ。中国によるチベット人の人権蹂躙について詳細をお知りになりたい方がぜひこちらをご覧ください。
「中国」の実態を告発する国民集会 に行ってきました

関連ページ

チベット亡命政府発表 チベットからのレポート(2008年3月)
中国はいかにチベットを侵略したか そして中国はいかに日本を侵略するか
抗議行動を行って殺されたチベット人
卓球少女愛ちゃんが胡錦涛と楽しく卓球していたときチベットでは…

2008.04.12


チベットを支援したい方はこちらをクリック!


TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴