×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴

チベットの核汚染


チベットの核汚染―要約
・チベットは、中国によるウランの採掘、核兵器の開発、配備、核廃棄物の投棄で汚染されている。
・汚染地域に住むチベット人は、汚染の事実を知らされず、被曝に苦しみ、奇形児が多数生まれている。
・信教の自由を求めたチベット人も、核施設で強制労働されられて、やはり被曝している。
・中国人はチベットを犠牲にして、重要な資源を獲得するだけでなく、不要な廃棄物をチベットに捨て、
 強大な軍事力と富を獲得している。


はじめに

 人民解放軍は1949年、チベット東部に侵攻した。中国の第18集団軍は1950年の春、東部のダルツェンド(康定)、および北東部のアムドを経由してチベットに侵入した。また、第14師団は、チベット南東部のデチェン(迪慶)経由で侵入した。カムとアムドを占領した後、第18集団軍の先遣隊は、1951年9月9日にラサに侵攻し、10月26日には同部隊の主力がラサを手中に収めた。これらの出来事は、今日まで続く中国軍によるチベット支配の序章に過ぎない。

 今ではチベットに少なくとも30万の中国軍(自衛官の総数25万人を上回る)が駐留しており、さらに中国核ミサイル部隊の4分の1以上が展開している。チベットと核の関わりはそれだけではない。ウラニウム鉱山が多数あり、核開発施設や、核廃棄物の投棄場まである。チベットは「少数民族」がまばらに居住しているところで、北京からも離れているため、「核廃棄物を投棄するには最適な場所」だと中国人は認識しているようだ。

チベットの核汚染―はじめに

核兵器開発・製造施設“第9学会”

チベットの核廃棄物

被曝するチベットの動植物、そして人間

被曝するウラニウム鉱山近くの住民たち

核施設での強制労働で被曝するチベット人政治犯

汚染を知らされるのは中国人だけ

チベットの核兵器

地震による地球規模の核惨事

チベットの核汚染―まとめとリンク


  核爆発で他国に流れる川の流れを変え、中国の砂漠を緑地化する計画


このページの情報はチベットの核に記載された文章を短く加工し、
若干捕捉させていただいたものです。詳細はそちらを参照してください。



  四川大地震における各核施設の震度


2008.03.31



チベットを支援したい方はこちらをクリック!


TOP  北京五輪支援企業 北京五輪支援政治家 北京五輪聖火ランナー チベット報告 リンク
史上最年少の政治囚 女性と子供の人権 チベット侵略の象徴・パンダ チベットを支援したい方へ
核汚染 地図と人口 教育 Tシャツ販売 環境破壊 殺されたチベット人 メディア 履歴